クレジットカードの審査の内容

クレジットカードを新しく申し込む場合には、かならずついて回るのが、クレジットカード会社による審査であるといえます。

基本的に、商品やサービスを購入するにあたって、現金ではなく、クレジットカードによって決済するということは、信用払い、すなわち、いったんクレジットカード会社が代金を立て替えて支払い、あとで本人に毎月の分としてまとめて請求をすることに等しいものです。そのため、本人にそれなりの経済力があることが確認できなければなりません。

通常、カード会社のほうでは、本人が申告をした内容のなかでも、安定した収入や返済能力があるのかといったことを重視して審査を行います。



その具体的な指標となるのが、会社に勤務している年数、勤務先、年収といったものになります。

場合によっては、会社とカード会社や取扱窓口となっている銀行が提携をしていて、めんどうな在籍確認などの手続きをできるだけ省略し、スムーズに審査を進めてもらえるといったこともあります。



年収などのデータは、カード会社の基準にしたがって採点が行われ、合計点で一定のランクに達した人が、審査をパスするというのが一般的なあり方であるといえます。



そのほかに、信用情報機関からのデータをもとにして、本人が過去に自己破産や個人再生などの債務整理の手続きをした履歴があるかどうか、あるいは他社からの借金を返済せずにそのまま滞納の状態になっていないかといったことも調査され、それが審査のなかでも点数に加味されることになります。