即日発行のクレジットカードの問題点

急にクレジットカードがほしい時には、即日発行に対応しているクレジットカードは異常に便利です。

普通に申し込めば、1~2週間以上はかかりますので、申込んだその日に手に入れることができるというのは大変ありがたいサービスです。

しなしながら、即日発行できるカードの場合には、必ずしも希望するサービス内容ではない場合もあります。

早いのは有難いものの、目的をもってカードを利用する場合には、再度、他のクレジットカードを新規発行する必要があります。即日発行に対応するタイプはいくつかありますが、流通系カードと消費者金融会社が発行するカードの二通りとなります。



流通系カードの場合には、事前にwebから申込んで店頭で受け取るタイプと、店頭で申し込んで仮カードを発行してもらい、後日郵送される本カードと交換する対応があります。



流通系カードの場合には、年会費無料のものも多く、ETCカードも即日発行されるものもあります。また、電子マネーに対応しているものもあり、総じて利便性の高いものが多いという特徴があります。



ただし、マイルを貯めるなどの目的がある場合には必ずしも有利とはならず、ポイント還元率などもそれほど期待はできません。

消費者金融が発行するクレジットカードの場合には、自動契約機で短時間で即日発行されますが、それ以外にはほとんどメリットがないという商品です。
どちらかというと、カードローンという感じの商品で、ポイント付与、ETCカード、保険や補償などの付帯サービスが何もついていません。

さらに、リボ払い専用カードとなっています。