クレジットカードを使えば信用度が上がる

自分の信用度を上げるためにも、クレジットカードはガンガン積極的に使っていった方がいいです。

なぜ信用度が上がるかというと、カードの利用履歴というのは、信用情報機関にバッチリ記録されているからです。
この利用履歴が良好な人は、ちゃんとお金の支払いをする人というふうに見なされるので、信用度が高い人だとされるわけです。

この個人の信用情報は、クレジットカード会社はもちろん、消費者金融や銀行なども共有している場合があるので、キャッシングしたり各種ローンを組んだりする際に、カードの利用履歴があると有利になりやすいのです。

ただし、ローンなどで有利になるのは、あくまでも利用履歴が良好な場合です。



利用履歴が良好というのは、一度も支払い遅延などを起こしていないということです。
カードの利用履歴に支払い遅延や不払いなどがあると、ローンを組む際や新たにクレジットカードを作る際などに悪影響を及ぼします。



ですから支払い遅延や不払いは、カードを使うならなるべく起こしてはいけません。

信用情報に傷がついてしまいます。

とにかく、自分の信用度を上げるためにも、普段からクレジットカードを積極的に使い、支払いもきっちりこなしていくということは有用です。
そのためのコツとしては、毎月決まって支払うようなもの、例えば携帯電話の支払いや、公共料金の支払いなどをクレジットカード支払いにしてしまうことです。
そうすれば毎月勝手に料金が引き落とされていき、その利用履歴が蓄積されていきます。