クレジットカード使用時に気を付けたいこと

クレジットカードを利用する際には、仕組みを知らずにリボ払いを使ってはいけません。

リボ払いにすると一回あたりの支払は楽に感じますが、結局は毎月同じくらいしか払っていないので高額な商品を購入するといつまでも支払いが残ってしまいます。

これに手数料や金利がプラスされますので、いつの間にか借金が膨らんでしまうことも多いのがリボ払いです。



クレジットカード初心者の場合には気軽にリボ払いを利用するのはリスクが高いので気をつけなければなりません。



また、クレジットカードでは必ず利用明細書が手に入りますが、その利用明細書をチェックしない人も意外と多いようです。


しかし、中身を見てみないと、誰かに悪用されていたとしても気付くことができませんので、早期に気付くためにも利用明細書はいつもチェックするように習慣化しなければなりません。


利用明細書を利用していない人は悪意のある第三者にとっては良いカモとなってしまいます。


他にも、クレジットカードの裏面には署名をする場所があるのですが、必ず個々に自分でサインしておくことも大切です。

サインをしていないと、落としたカードを誰かが拾った時に自由にサインができてしまいますので、そうなれば悪用を防ぐことはできません。



この裏面のサインが何のためにあるのかということを理解し、まだサインをしていないのならすぐにサインをしてから持ち歩くことが重要です。長い間カードを所持していても、サインをしていない人は意外とたくさんいます。