キャッシュバック型のクレジットカード現金化

最近では、クレジットカードの現金化の方法も変化を遂げてきていて、キャッシュバック型の現金化というのが多くなってきています。

しかし、ちょっと分かりにくい方法に見えることもまた間違いありませんから、どういう方法なのかをここで説明しましょう。



この方法では、まず何らかのショップで商品を購入するところから始まります。

実店舗である必要はなく、むしろ最近はネットショップの場合も多くなっています。
ここで、購入する商品は、実際にはほとんど価値のないようなものですが、それが客観的に見ても明らかなものであるのはあまり好ましくはありません。



はっきり言えば、趣味の分野のものであるなど、人によって価値が大きく分かれるようなものが好ましいということになります。



実際には100円かもしれないが、10万円の値札がついていても別におかしくはないようなものです。

これを10万円なら10万円でクレジットカード決済します。

お店には後日、クレジットカード会社から手数料を別にすると10万円が払い込まれることになります。

一方、お店は商品購入のキャッシュバックと称して、例えば8万円というような現金を商品とともに購入者に渡します。
実際の商品価値は100円なのですから、これでもお店には十分な利益があるのです。一方、利用者にとっても、換金性の高い商品を購入しているなどの怪しまれる要素なく、それなりに高い換金率で現金を手にすることができるのです。