クレジットカードを使用する際の注意点

クレジットカードを使用する際に注意しないといけないことは、主に6つあります。

まず1つ目は、カードの裏面には、必ず自分のサインをするということです。

これは、万が一カードを紛失した場合、カードを悪用されてしまう恐れがあります。
また、盗難保険の対象外になってしまう可能性もありますので注意が必要です。


そして2つ目は、カードの支払いを忘れてしまうことです。



これは、クレジットカードの支払いが遅れてしまいますので、新規にクレジットカードを作る時だけではなく、車や住宅をローンで購入する場合に、ローンを組むことができなくなることにつながってしまいます。

3つ目は、家族や友人にクレジットカードを使用させてしまうことです。
この場合は、万が一家族や友人に貸したカードが悪用されてしまった場合の損害は、カード会社は補償してくれませんので自分で行う必要があります。



4つ目は、暗証番号を他人に教えてしまうことです。

これは、カードの悪用につながり、その損害の全額は、カードの保有者の負担になります。5つ目は、利用明細書をチェックすることです。

これは、明細書を確認することで第三者による不正を見つけることができるからです。



最後の6つ目は、仕組みを知らずにリボ払いを使用することです。
これは、仕組みを知らずにリボ払いを使用してしまうと、いつのまにか大金の借金をかかえてしまうことになりかねないからです。したがって、クレジットカードは大変便利ですが、これらの注意点に気をつけて使用する必要があります。