クレジットカード紛失時にはサポートセンターに連絡を

クレジットカードはとても便利でお得な買い物ツールですが、名義人である持ち主以外の人でも簡単に使えてしまうという点において、十分な注意が必要となります。

いつも使っているカードを入れているはずの財布の中に入っていなかったり、どこかで無くしてしまった場合には、「まあ、いいや」と放っておかずに素早くカード会社のサポートセンターに連絡を入れましょう。サポートセンターに連絡をしてカードを紛失してしまったことを伝えれば、対応スタッフがカードの利用停止手続きを行ってくれます。

その手続きを行っておけば、クレジットカードを他人に利用される心配はありません。
また、サポートセンターではカードの利用停止と一緒に、そのカードが持ち主以外の人によって利用されていないかについても調べることが出来ます。

万が一、利用されていた場合には補償を受ける手続きまで行ってもらうことが出来るので、手持ちのクレジットカードのサポートセンターの番号はきちんと把握しておくようにしましょう。



加えて、クレジットカードの管理についてしっかりと見直し、同じようなことが起きてしまわないように注意することが大切です。



クレジットカードは簡単に買い物が出来てしまう分、自分以外の人がそれを何らかの方法で手に入れた場合も同じように簡単に買い物が出来てしまいます。
そのことを理解し、そんなことになってしまわないような対策を自分なりにとるよう心掛けたいものです。