クレジットカードは使い分けによって効果が増す

キャッシュレスでありながらも、色々なサービスを受けられるクレジットカードですが、1枚だけではカバーできない部分も出てきます。


たとえば、小売りに関連したカードであれば、その関連の店舗での買い物で有利にポイントがつくことや、特定の日に購入した分が割引になることが一般的です。

しかし、無関係な店舗での買い物では、グループ企業での買い物ほどの効果を得られません。

クレジットカードの使い分けを覚えれば、その時に最も効果が高いカードを選べて、同じ支払いでもポイント等で有利です。



さらに、状況に見合ったクレジットカードを出すことは、周囲の知人などに見られても恥ずかしくないブランドを選べることでもあります。

支払いにおけるカードは意外に周囲から見られているので、職場での懇親会といった場ではできるだけ社会的信用が高いものを使いましょう。

使い分けの他のメリットとしては、特定の分野に強いクレジットカードをいくつか持つので、浅く広くカバーしているカードよりもお得なサービスを受けられる点を挙げられます。



特化型のクレジットカードは、やはり専門分野では他のカードよりもサービスが充実しており、とても魅力的です。他の分野では効果を発揮しにくい点を使い分けでフォローしてやれば、それぞれで高品質のサービスや特別待遇を享受できます。
審査申し込みでは現在の枚数によっても難易度が変化するため、本当に必要なカードを数枚までにとどめるのが賢明です。

毎年支払う必要がある年会費も、使い分けにおける重要なポイントとなっています。