クレジットカードの支払方法は金利も考えて選ぼう

クレジットカードをレジでの商品購入時に提示すると、会計を担当するスタッフからは必ず「支払方法はどうされますか?」と尋ねられるはずです。

インターネット通販でもそれは同じで、支払いの場面でカード払いを選択すると支払方法の選択が求められるはずです。

しかしそもそも、クレジットカードの支払方法とは商品購入時にかかった代金をカード会社に何回で返すかについて指定するもので、支払い回数について聞かれているのと同じです。
一括払いを選択した場合には引き落とし日に全額が請求されます。
二回払いですと二回に分けた金額が二か月にわたって請求され、ボーナス払いの場合はボーナス月にボーナス払いとなっている金額分すべてを支払うような仕組みになっています。



この支払方法、一括払いや二回払い・ボーナス払いに関しては金利は発生しませんが、その他の方法を選択してしまうと金利が発生してしまって実際の商品代金よりも余分に支払わなければいけなくなってしまいます。
クレジットカードは支払を先延ばしに出来ますが、支払い方法によってはカード会社に対する金利分高くなってしまう為、損をしているような状況となってしまうのです。

ですから、レジでの清算時にはなるべく金利の発生しない支払方法を選択しましょう。



金銭的余裕が無い上にその商品をどうしても手に入れる必要がある場合には、事前にどれだけの金利が発生し、自分が最終的にいくら支払うことになるのかを調べてから金利の発生する支払方法を選択するようにしましょう。