クレジットカードで現金化を

クレジットカードの1枚や2枚は、社会人であれば今では多くの人が持っていることでしょうが、このクレジットカードを利用して現金を手にする方法がいろいろと考えられています。

クレジットカードは基本的にはショッピングのためであり、買い物はできてもその分の現金を手にするということは普通はできません。

ショッピング枠とは別にキャッシング枠のあるカードもごく普通ですが、多くは限度額が10万円前後とかなり低めで、一時的にはしのげても長い目で見るとあまり大きな助けにはならないことが多いでしょう。

現金化のための一つの方法としては、単純にカードで何か商品を買い、それを買い取ってもらえるお店に持ち込むことです。
非常に分かりやすい方法ですが、分かりやすいがために致命的な欠点も抱えています。



つまり、できるだけ買い取り価格を高くするためには例えばギフト券や新幹線の回数券などが望ましいわけですが、これらはカード会社が不適切な購入がないかめを光らせやすいのです。
そのため、カード会社の監視の目から逃れるためには、ギフト券や回数券などあからさまなものではなく、ブランド品やゲーム機などが次の候補になることが多いです。

ところがこれらは決して買い取り価格そのものが高くはありません。



6割から7割もあれば上々でしょう。



しかも、同じものを幾つも買うとやはり怪しまれることは間違いありません。
そのため、最近ではキャッシュバック方式が主流になってきています。