クレジットカードの解約時の注意点

クレジットカードを解約する場合にはいくつかの注意点があり、まず一番に確認しておくべきポイントとしては公共料金や携帯電話料金などの支払い方法を変更しているかどうかです。このように公共関連の支払をクレジットカードに設定している場合、解約したとしてもその通知は支払先には通達されないので支払が延滞されてしまうと言う可能性もあります。



またクレジットカードは解約してしまうとカードを使って溜まっていたポイントなども同時に全て消えてしまうため、事前にポイント残高も確認しておく必要があります。
またポイントの還元申請をしていたとしてもその最中に解約してしまうと、申請そのものが無効になってしまう事もあるのでポイント還元が終わってから解約の手続きをする方がいいとされています。



ほかにも確認しておくべき残高としては未払い額があるかどうかで、もしも未払い額が残っているままで解約してしまった場合はその金額が一気に請求されてしまうという事もあります。


これはどのような支払い方法であったとしてもカードが利用できなくなってしまうので一括請求の対象となっているため、出来る限り未払い額を残さないように解約する必要があります。さらにETCカードも実はクレジットカードとしての扱いになっているので、解約してしまった場合はクレジット機能は勿論ですがETCカードとしての機能も使えなくなってしまいます。


そのため自動車での移動に影響が出てしまう可能性があるので、その点も確認しながら対応する必要が出てきます。